サービス詳細

ストレスチェック制度の流れ

ストレスチェック制度の流れ

 

1.実施前

・まず、会社として「メンタルヘルス不調の未然防止のためにストレスチェック制度を実施する」旨の方針を示します。
・次に、事業所の衛生委員会で、ストレスチェック制度の実施方法などを話し合います。
・話し合って決まったことを社内規程として明文化し、全ての労働者にその内容を知らせます。
・実施体制・役割分担を決めます。

2.ストレスチェック

・質問票を労働者に配って、記入してもらいます。
・記入が終わった質問票は、医師などの実施者(またはその補助をする実施事務従事者)が回収します。
・回収した質問票をもとに、実施者がストレスの程度を評価し、高ストレスで医師の面接指導が必要な者を選びます。
・結果(ストレスの程度の評価結果、高ストレス?、医師の面接指導が必要?)は、実施者から直接本人に通知します。
・結果は、実施者(またはその補助をする実施事務従事者)が保存します。

3.面接指導

・ストレスチェック結果で「医師による面接指導が必要」とされた労働者から申出があった場合は、医師に依頼して面接指導を
 実施します。
・面接指導を実施した医師から、就業上の措置の必要性の有無とその内容について、意見を聴き、それを踏まえて、労働時間
 の短縮など必要な措置を実施します。
・面接指導の結果は事業所で5年間保存します。

4.集団分析

・ストレスチェックの実施者に、ストレスチェック結果を一定規模の集団(部、課、グループなど)ごとに集計・分析してもらい、
 その結果を提供してもらいます。
・集計・分析結果を踏まえて、職場環境の改善を行います。

[ 厚生労働省:ストレスチェック制度 導入マニュアル より ]


ストレスチェック代行サービスの詳細

医師・保健師などの実施者に代わり、「ストレスチェックの実施」や「結果の通知」を行います。

ストレスチェックの実施は、医師や保健師等の法令で定められた有資格者を実施者として行う必要があります。
ストレスチェック代行サービスは、面接指導や事後措置を含みません。ストレスチェック実施者様とご相談の上実施してください。

 

ストレスチェック代行サービスの流れ

※本サービスのご提供エリアにつきましては、ご相談させていただきます事をご了承ください。
 詳しくは、こちらまでお問い合わせください。

帳票サンプル

TITLEストレスプロフィール(結果・個人) TITLE職場分析結果
ストレスプロフィール(結果・個人) 職場分析結果
今すぐ資料をダウンロードする
ストレスチェック代行サービスに関する資料請求・ご相談

goTop