2015年7月15日をもってWindows Server 2003のサポートが完全終了しました

Windows Server 2003サポート終了

Windows Server 2003のサポート終了が終了しました

2014年4月にサポートが終了した「Windows XP」に続き、現在も多くの企業で利用されている「Windows Server 2003(Windows Server 2003 R2を含む)」が、 2015年7月15日(日本時間)をもってマイクロソフトのサポートが終了しました。

クライアントOSとは異なり、「Windows Server 2003」などのサーバOSは、多数のクライアントから常時接続されていたり、システムの入れ替え、 日々増え続ける大容量データの移行など、新しい環境への移行には影響が大きく多大な時間を要するため、まだ後継のシステムへの移行が済んでいない場合は、可能な限り早急に移行させる必要があります。

調査会社IDC Japanによると、2013年の第2四半期時点で国内で稼働するx86サーバ(223万台)のうち、Windows Server 2003搭載のサーバは16.2%にあたる約36万台になるとのことでした。

※7/15現在、マイクロソフト社によると、約6万台のWindows Server 2003サーバーが稼働しているようです

Windows XPのサポート終了に伴うシステム移行時に合わせ、Windows Server 2003についても同じタイミングで新しい環境への移行が完了済み、または移行計画を開始した企業も多数あるかと思います。しかし、未対策のまま手が付けられていないサーバもかなりの台数になることが想定されます。

特にサーバにおいては、機密情報・個人情報などの非常に重要なデータが含まれていることが多く、サポート終了後も未対策のサーバを使用し続けることは、重要なデータを危険にさらし続けるということでもあり、大きなリスクとなります。
サーバ稼働台数予測 OS別シェア

古いサーバの継続使用によるリスク

セキュリティ問題による情報漏洩など

セキュリティ対策のプログラムを更新せずサーバを利用し続けた場合、ウイルス・マルウェアの感染や悪意を持った攻撃者からの侵入(不正侵入)などを受ける可能性が高くなります。
結果として、ウイルス感染による重要なデータの喪失だけでなく、個人情報の流出や遠隔操作により意図せず「犯罪者」となることもあり、 企業・組織の競争力の低下や信頼の失墜、多額の損害賠償費用の発生や取引先からの取引停止、最悪の場合では企業の倒産という事態も想定されます。

セキュリティインシデント

ハードウェアの老朽化

ハードウエアの老朽化による故障でシステムがダウンした場合、年数が経過したハードウエアの交換部品の手配に時間がかかる、 もしくは修理部品をメーカーから調達できず修理ができないためデータを失うこともあり得ます。そのため、復旧作業が滞ることでシステムが利用できなくなることで、ビジネス停止による社内外に与える影響は大きいです。

また、サーバにインストールされているソフトウェアについても、各メーカーのサポートが終了してしまうことで、 最新のウイルス定義ファイルやサーバや周辺機器のドライバが入手できなくなることも想定されます。

おすすめの移行サービス

移行サービス一覧

については、該当サービスの詳細情報にリンクします。  

最新のサーバに乗り換える

既存のWindows Server 2003環境を、サーバの用途に応じた最適な環境への移行をご支援します。
現状の構成内容や利用状況の確認から、移行計画の検討・移行作業の実施までトータルでサポートいたします。

そのま単純にオンプレミス環境に移行するだけでなく、TCOの削減や運用管理業務の効率化を実現するサーバ仮想化による統合や、さらにBCP対策としても有効なデータセンターを利用した移行などをご支援し、お客様の新たなITイノベーションを実現します。

最新のサーバやOSの進化

最新のハードウェアを利用するメリット
・Windows Server 2003世代のサーバに比べ、大幅に性能がパワーアップ。
最新のハードウェア

最新のOS(Windows Server 2012 R2)を利用するメリット
・ホストOSからゲストOSまで統合的な仮想化環境を実現
・OS標準のHyper-Vレプリカ機能によるBCP対策を実現
・「Windows PowerShell」による管理者側の作業効率化の向上
・最新のファイルアクセスプロトコル(SMB 3.0)による高速なファイルアクセス
・重複除去機能によるストレージ容量の高効率化

データセンターに移行する理由

BCP対策の一環として
災害リスクの低い「北陸・石川」に立地する白山センターは、Tier3以上の堅牢なファシリティかつ最高クラスのセキュリティを完備しているため、お客様の事業継続計画(BCP)の対策に役立てることができます。
また、システムの規模を柔軟に拡張・縮小しやすいため、お客様のサービスまたは事業の拡大にも迅速に対応できます。

運用コストを削減できる
社内にサーバ設置スペースを確保する必要なく、ハードウェア保守や日々の管理業務から解放され、本来あるべき業務への集中が期待できます。電源や空調が最適化されたデータセンターを利用することで、消費電力のコスト削減を実現できます。 
さらに、ハウジングスペースを含め当社が24時間365日体制で管理しておりますので、安心してご利用いただけます。

詳細画面
仮想ホスティングサービス

クラウド環境に乗り換える

現在ご利用のWindows Server 2003環境を、新たな機器を手配する手間が必要なく、すぐに新たなサーバ環境に移行することができる【仮想ホスティングサービス】に乗り換えることを提案いたします。

クラウドサービスに移行する理由

導入スピードの速さと拡張性に強い
お客様が新規にハードウェア(サーバ)を準備する必要がなく、必要なリソースを必要な分だけすぐに準備することができます。また、サービスの状況に応じてリソースの拡張(CPU、メモリ、ディスク容量の追加など)が柔軟に行えるため、お客様のサービスまたは事業の拡大にも迅速に対応できます。

詳細画面
仮想ホスティングサービス

導入・運用コストを削減できる
初期導入コストを抑えて環境を構築することができます。また、資産を持つ必要もないため、社内にサーバ設置スペースを確保する必要なく、ハードウェア保守や日々の管理業務から解放され、本来あるべき業務への集中が期待できます。
仮想化基盤は、ブレードサーバ+仮想化技術(VMware)による無停止型サービス基盤を利用し、ハード障害の影響を可能な限り抑えた冗長化構成にて構築。ネットワーク機器も全て冗長化し、障害による通信停止を可能な限り排除したネットワーク構成です。 さらに、当社が24時間365日体制で管理しておりますので、安心してご利用いただけます。

詳細画面
仮想ホスティングサービス

クラウドサービスを利用する

当社では、サーバのクラウド化だけでなく、多くのクラウドサービス(SaaS)を提供しております。ハードウェアの老朽化対策に依存しないクラウドサービスのご利用も含め、ご提案させていただきます。

当社が提供するクラウドサービス
  
全てのお客様
自治体様向け
民間企業様向け
iccクラウド COUSシリーズ CESSシリーズ

専用のNASに乗り換える

WWindows Server 2003をファイルサーバ用途して利用されているお客様。
新たなハードウェアを用意しOSのセットアップからネットワークの設定などを含め、 複数の環境をセットアップするのは大変な手間となります。
そこで、手間のかかるファイルサーバに代わり、社内のネットワークに接続するだけで簡単に利用できる 【NAS(Network Attached Storage)】に乗り換えることを提案いたします。

NASはファイル共有に特化したアプライアンスサーバであり、Webコンソールを通じて各種設定や運用管理を簡単に行うことができます。 また、バックアップ機能やディスク障害時における交換作業の容易性など運用に伴う利便性が高いため、NASを導入する企業が増加しております。

NASを導入する理由

負荷とリスクを分散して社内システムを快適に利用できる
社内でファイルを共有するのに便利なファイルサーバー機能は、サーバーの担う機能の中でも特にCPUやメモリのリソースを消費します。 特に同時にアクセスするユーザーが増加するにつれて、他の機能にも大きな影響を与えます。そのためファイルサーバーとして NASを導入すればアクセスが快適になるだけでなく、サーバー自体も本来の機能に集中して処理させることができます。
さらに業務用のサーバーとファイル共有用のNASを分離して運用することで、万が一どちらかの機器に障害が発生した場合でも被害を最小限にとどめることができます。

NASを導入する理由

CAL不要で導入コストを削減できる
専用のOSを搭載したNASなら、サーバー系OSでありながらアクセスするユーザーや端末ごとに必要となるCAL(クライアント・アクセス・ライセンス)が不要なためWindows Serverとは別にNASを導入しても、追加でライセンス費用が発生せず、Windows Serverをファイルサーバーとしてもう一台購入するよりも低コストで導入することができます。

NASを導入する理由

クラウドストレージとの連携を含めたBCP対策として

低コストでカンタンにリモートバックアップ
アイ・オー・データ機器製のNAS「HDL-XRW」シリーズであれば、外部保管が必要なファイルをNASに対して保存するだけで、自動でデータセンターにバックアップすることができます。

クラウドストレージはビジネスの拡大に応じてデータ容量をフレキシブルに変更できる上、災害や故障などで、万が一装置自体が復旧できない場合でも、新たなNASに初期設定を行うだけで、速やかにデータを復旧することができます。。

高信頼かつ高機能なのに低価格なNASを使用し、1GBあたり50円からBCP対策を実現する「BCPリモートバックアップサービス」を組み合わせていただくことで、柔軟かつ低コストでお客様のIT-BCP対策を実現することができます。

詳細画面
カンタンキット
「BCPリモートバックアップサービス」対応のNAS
現在、BCPリモートバックアップサービスに対応しているNASは以下の機種です。
※順次連携可能なNASのラインアップを充実してまいります
HDL-XRWシリーズ   HDL2-Hシリーズ   HDL6-Hシリーズ
データセンターソリューションに関する資料請求・ご相談

goTop