マイナンバー収集・管理代行サービス

マイナンバーの収集から、保管、廃棄、利用までの業務を、お客様に代わり、ICCがアウトソーシング(委託代行)するサービスです。
マイナンバーの収集では、豊富なオプションからお客様の意向に沿った収集方法をお選びいただけます。
さらに収集後のマイナンバーは、雇用や税務関係の処理で利用できるだけでなく、法定調書の作成までICCに外部委託することができます。
「全くマイナンバーには触れない」、「マイナンバーは一切会社保管しない」といった運用体制を実現することができます。


  トピックス
 『マイナンバー制度開始から1年』気になる各社のマイナンバー対応状況は?

マイナンバー管理代行サービス概要図

メリット

対応期間短縮

特長1 ・お客様は対象者リストを作成するだけ

お客様に代わり、扶養親族を含む従業員や外部個人事業主のマイナンバーをICCが収集いたします。
また豊富な導入実績や各種オプションから、お客様の意向に沿った収集方法をご提案させていただきます。

負荷軽減

特長2 ・収集や管理で増加する人事・経理部門の負担を軽減

収集においては、書類による身元および番号の確認が必要となります。
その為、書類の受渡しから回収後の確認作業に非常に時間と労力が必要となります。
さらに管理においては、収集した書類の保管スペースを確保したり、マイナンバーを閲覧した履歴などを記す必要があります。
それらをアウトソーシングすることで、ご担当者様の事務負担軽減が行えるだけでなく、安全管理措置に乗っ取ったより安全な体制をご提供いたします。

リスク軽減

特長3 ・マイナンバーを目にする機会が削減されセキュリティリスクを軽減

マイナンバーの取扱いには厳重な管理が義務付けされており、漏えい時などには厳しい罰則が科せられるだけでなく、お客様においては社会的信用の損失にもつながるおそれがあります。
アウトソーシングすることで、社内ではマイナンバーを保管していない状態が出来る為、漏えいに対する設備投資の削減から、セキュリティリスクに対する軽減が行えます。



※マイナンバーの収集・保管の外部委託については、マイナンバー法でも認められております。
(ただし監督義務のみは必須であり、マイナンバーが正しく扱われているか定期監査を行う必要がございます。)

マイナンバー管理代行サービスの詳細
今すぐ資料をダウンロードする
データセンターソリューションに関する資料請求・ご相談

goTop