HACCP支援システム

資料請求・
お問い合わせ
TOP > 製品・サービス >  IoT・スマートグラス  > HACCP支援システム

img_banner_iot_stkit.png

2021年6月より食品を扱う全食品事業者に対して、HACCPによる衛生管理が義務付けられました。対応は進んでいますか?
HACCPによる衛生管理は努力義務ではなく、明確に法律で規定されています。
罰則は規定されていませんが、無視すると営業許可証の更新不可・罰則・罰金の恐れがあります。
HACCP支援システムはデータロガー(センサー)を冷蔵庫や倉庫などに設置し、温湿度データを自動収集・一元管理するクラウドサービスです。

課題解決

設備の初期投資

・設備投資したところで、それを価格には反映できないのでコスト回収が難しい

記録管理に係るコストや作業負荷

・記録管理を徹底すると、従業員の負担が増える
・分析・管理、書類作成を行う人材を確保する余裕がない

HACCP導入に関わる準備・教育の手間

・毎日忙しくて、HACCPの導入準備をする時間がない
・パート・アルバイトさんの入れ替わりが多く、教育が行き届かない

特長

おくだけで自動記録

センサー電源や専用のネットワークは不要、場所を選ばず手軽に設置できます。
置くだけで定期的に自動取得するため、作業者の負荷軽減や記入ミス・漏れを抑制します。

クラウドで一元管理

クラウドサービスだから帳票の保管が不要、いつでもどこでも、全ての設備の最新状況が把握できます。
また、利用者はクラウド上の情報を参照するだけなので、データの改ざんや紛失の心配がありません。

リアルタイム通知

閾値を超過するなど異常が発生した場合は、警告情報をダッシュボード上に表示します。
また、メールによる担当者へのアラート通知やご利用されているSNS、信号積層灯への通知などにも対応しているため、常時ダッシュボードが見られないような場合でも、確実かつ迅速に現場担当者に伝えます。

データの有効活用

グラフ形式で温度データを確認できるほか、CSV形式の出力やオリジナルのレイアウトで利用されている帳票出力もできます。
さらに、異常時における発生原因や確認結果なども合わせて管理できるため、データを分析することで問題・課題の発見や改善につながります。

柔軟なカスタマイズ性

開閉センサーによる冷蔵庫の扉の開閉状況、人感センサーによる従業員の作業モニタリング、電流センサーによる冷蔵庫の稼働状況など、お客様の課題やご要望に合わせたシステムのカスタマイズに対応できます。
また、設備の稼働情報や他システムとの連携など、HACCP導入の次のステップに向けたIoT利活用に関するご要望にもお応えします。

機能・詳細

食品製造業における現場改善・教育支援からHACCP認証取得までトータルでコンサルティングを行う「株式会社エフディー・ラボ」様との連携で、お客様の衛生管理の高度化をご支援いたします。

温度記録管理システムのクラウド提供

IOTを活用した温度データの見える化

・閾値超過時はリアルタイムで通知
・定期的な巡回や記入が不要(省力化)

温度記録管理システムのクラウド提供

HACCP導入のコンサルティング・教育支援

・現場改善のご提案、商品開発のサポートまで幅広い支援

事例

株式会社清華堂様

竹内製菓グループは以前よりIoTの利活用により焼成機の予防保全に取り組んでおり、また、センサーを利用して、冷蔵庫・冷凍庫の温度管理を実施しておりました。
さらに本システムを活用することで、複数拠点の状況をどこにいても管理・分析できるようになり、リモート作業にも最適です。

価格・オプション

価格については、[こちら]よりお問い合わせください

公的機関による認証と50年にわたって
ITサービスに携わってきた実績で
お客様の信頼にこたえます

ISO9001

ISO14001

ISO/IEC27001

ISO/IEC27017

プライバシーマーク

データセンター安全対策
JQADC0011
JQADC0012

DC0002-1306

0028-0810