NEWS&TOPICS

食品等事業者における衛生管理の高度化を促進
IoTクラウドソリューション「HACCP支援システム」提供開始のお知らせ

PDFで開く

[2020/11/19]

  株式会社石川コンピュータ・センター(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:山浦 伯之、以下当社)は、HACCPに沿った衛生管理を実施する上で重要となる温度・湿度などを統合的に管理するIoTクラウドソリューション『HACCP支援システム』を2020年12月1日より提供開始することを発表いたします。

  改正食品衛生法に従い、2020年6月から食品を扱う全事業者に対してHACCPに沿った衛生管理が制度化されております(完全施行は2021年6月)。しかし、農林水産省から6月に公表された「令和元年度 食品製造業におけるHACCPに沿った衛生管理の導入状況実態調査結果」では、昨年10月の時点で「導入済み」「導入途中」の事業者は合わせて41%と前年より9%の増加だけにとどまっており、なかなか普及が進んでいない状況です。

  それは、HACCP導入に関わる準備・教育の手間、設備の初期投資、記録管理に係るコストや作業負荷など様々な問題が潜んでいるだけでなく、コロナの影響による事業継続や投資抑制、研修会や個別相談会の延期などが、HACCP導入の停滞に拍車をかけているようです。

  本サービスは、世界中20カ国以上で使われているデータロガーを冷蔵庫や倉庫などに設置し、温湿度データを自動収集・一元管理するクラウドサービスです。しきい値超過時には、確実かつ迅速に現場担当者に伝えるために、メールによる通知だけでなく、お客様がご利用されているSNSなどへの通知にも対応しています。温湿度の記録だけでなく、異常時の対応状況も合わせて記録させるため、原因究明や今後の改善に向けてデータを活用することができます。
  また、クラウドサービスの提供のみならず、食品製造業における現場改善・教育支援からHACCP認証取得までトータルでコンサルティングを行う「株式会社エフディー・ラボ」様との連携で、お客様の衛生管理の高度化をご支援いたします。


  「ウィズコロナ時代」への対応としてリモートによる遠隔監視のニーズが高まっている現在、さらなる食の「安全安心」を目指した「HACCP支援システム」で、お客様の“HACCP導入”と“働き方改革”への推進をサポートいたします。

■システム概要図

HACCP支援システム
HACCP支援システム
HACCP支援システムの概要:  https://www.icc-idc.jp/iot/haccp-support.html

■特長


  ・おくだけで自動記録
   センサー電源や専用のネットワークは不要、場所を選ばず手軽に設置できます。置くだけで定期的に自動取得するため、
   作業者の負荷軽減や記入ミス・漏れを抑制します。

  ・クラウドで一元管理
   クラウドサービスだから帳票の保管が不要、いつでもどこでも、全ての設備の最新状況が把握できます。また、利用者は
   クラウド上の情報を参照するだけなので、データの改ざんや紛失の心配がありません。

   ・リアルタイム通知
   しきい値を超過するなど異常が発生した場合は、警告情報をダッシュボード上に表示します。センサーは電源や配線も
   不要なため、場所を選ばず手軽に設置できます。
   また、メールによる担当者へのアラート通知やご利用されているSNS、信号積層灯への通知などにも対応しているため、
   常時ダッシュボードが見られないような場合でも、確実かつ迅速に現場担当者に伝えます。

  ・データの有効活用
   グラフ形式で温度データを確認できるほか、CSV形式の出力やオリジナルのレイアウトで利用されている帳票出力もでき
   ます。さらに、異常時における発生原因や確認結果なども合わせて管理できるため、データを分析することで問題・課題の
   発見や改善につながります。

  ・柔軟なカスタマイズ性
   開閉センサーによる冷蔵庫の扉の開閉状況、人感センサーによる従業員の作業モニタリング、電流センサーによる冷蔵庫
   の稼働状況など、お客様の課題やご要望に合わせたシステムのカスタマイズに対応できます。 また、設備の稼働情報や
   他システムとの連携など、HACCP導入の次のステップに向けたIoT利活用に関するご要望にもお応えします。

  なお、本サービスの提供開始に向けて、竹内製菓グループの「株式会社清華堂」様にて、現場目線での試験導入・評価にご協力いただき、システム強化に向けたフィードバックを頂いております。

  最新の設備や各種認証の取得と共に、国内で高い水準の情報セキュリティを満たす「安全・安心」な自社データセンター(白山センター)で、クラウドサービスをご提供いたします。

  今後も、メニューの強化やラインアップの拡充を図り、お客様のIT要望に応える柔軟なサービスを提供し、企業や医療機関、自治体における事業継続の中核となるセンターとして、事業を拡大してまいります。

 

e-messe kanazawa 2020 に出展します

  今回発表した「HACCP支援システム」の概要については、11/20(金)から開催される北陸最大のICTイベント「e-messe kanazawa 2020」にてデモを交えながらご紹介いたします。

 ◇イベント名  : e-messe kanazawa 2020
 ◇日    程  : 2020年11月20日(金)〜21日(土) 10:00 - 18:00
 ◇会    場  : 金沢港クルーズターミナル
 ◇入 場 料  : 無料 ※事前登録制

 ◇案内サイト

e-messe kanazawa 2020

  ※バーチャル展示会も同時開催します

株式会社エフディー・ラボ 代表取締役 松下 伸久様からのエンドースメント

 HACCPシステムを導入・運用する上で最も重要な点は、温度管理、異物除去などの工程管理です。特に温度管理は、管理基準(OL)や許容限界(CL)などの設定項目は重要な課題となっており、オペレーション前提条件(O-PRP)や重要管理点(CCP)ではタイムリーな温度記録が必要です。しかしながら、ほとんどの現場は人手で処理している状態で、HACCPシステムが浸透していない理由でもあります。
 今回、石川コンピュータ・センター様が提供開始する「HACCP支援システム」では、改ざん防止策として直接データを変更させることはできず、また、人手による入力作業を省略することができて、お客様の悩みを解決できるシステムとなっております。
 当社は、石川コンピュータ・センター様と連携し、北陸地域におけるHACCPシステムの普及に取り組むだけでなく、IoTを活用した設備などのご提案や製造・包装技術、品質・衛生管理、現場改善、人材育成など食品加工業界のパートナーとしてトータルでご支援してまいります。

株式会社清華堂 代表取締役社長 清水 良一様からのエンドースメント

 石川コンピュータ・センター様の働き方改革ソリューション「HACCP支援システム」の提供開始、心より歓迎いたします。
 竹内製菓グループは以前よりIoTの利活用により焼成機の予防保全に取り組んでおり、また、センサーを利用して、冷蔵庫・冷凍庫の温度管理を実施しておりました。さらに本システムを活用することで、複数拠点の状況をどこにいても管理・分析できるようになり、リモート作業にも最適です。
 石川コンピュータ・センター様の「HACCP支援システム」が、更なる機能拡張、また、HACCP導入のハードルと運用作業負荷を軽減させることで、多くのお客様のお役に立てることを期待しております。

■ 本件に関するお問い合わせ先

 株式会社石川コンピュータ・センター
 クラウドビジネス本部
 TEL : 076-268-8390
 E-Mail : cb-info@po.icc.co.jp

goTop